台湾・台北にあるシーザーパークホテルの朝食

シーザーパークホテルの朝食

スポンサードリンク

夜中の3時頃目が覚めて、日記なんか書いてからまた寝たのに、6時頃には目が覚めてしまった。
体は疲れていてもっと眠っていたのに、頭は旅行の興奮で覚めてしまい、眠いのに眠れない状態。
「あ〜眠い。でも眠れない〜!」という状態で、私は旅行ではよくあること。
あまりにも旅行が好きで、旅行に興奮してしまうため、こうなってしまうのだ。

 

眠るのをあきらめて、起きて身支度を整える。
私が起きて用意をしていると、息子も目が覚めてしまった。
息子も夕べ寝るのが遅かったのに、こんなに早く起きて大丈夫か?って感じだ。

 

やっぱり息子も私と同じで、興奮しているのだろう。
今のところ元気だけど寝不足で体調を崩さないか心配だ。
寝られるときに昼寝でもさせるとしよう。
子連れだと、とかく体調管理が重要だ。

 

7時頃みんなで朝食に行く。
今回の台湾旅行のパックは朝食だけはついているプランなので、ホテルのレストランへ行く。
バイキング形式だ。

 

シーザーパークホテルの朝食レストラン

 

シーザーパークホテルの朝食レストラン

 

シーザーパークホテルの朝食レストラン

 

シーザーパークホテルの朝食レストラン

 

シーザーパークホテルは、コスモスホテルよりもグレードが上だけど、朝食はコスモスホテルのほうが良かった。
種類もコスモスホテルのほうが多かったし、味もおいしかった。
果物の種類もコスモスホテルにくらべ、ずっと少ない。

 

それにコスモスホテルは、何種類かの麺をその場でお好みで作ってくれたりのサービスも嬉しかったし、味もおいしかったので、毎朝麺を食べるのが楽しみだったほど。

 

ただ7ヶ月の娘でも食べられる、味のついていないお粥はあった。
結局ほとんど食べなかったけど。
離乳食を食べる年頃の子どもがいる場合、アジアの旅行はお粥などがあるので助かるかも。

スポンサードリンク

次のページ>>孔子廟

たび猫の子連れ台湾旅行記・目次

台湾旅行1日目

台湾旅行2日目